フランチャイズの意味 - フランチャイズの意味

フランチャイズの意味

フランチャイズとはどういう仕組みのビジネスなのでしょうか。コンビニを例にとって説明しましょう。セブンイレブンやローソンなどは、 各店舗に店長がいます。しかし全ての店長が本部から派遣された店長ではありません。なかにははフランチャイズ加盟をしてセブンイレブン、 ローソンなどの店舗を経営するオーナーもいることです。各店舗ごとの個人経営というわけです。近くの酒店が急にコンビニになっていたことはありませんか? それは多分フランチャイズに加盟したのです。

酒店での業績はよくありませんでしたが、コンビニになった途端にお客様が入り始める。 それを目的としてフランチャイズ加盟店になったのです。フランチャイズ加盟店になると、 営業方針などはフランチャイザーと呼ばれる本部の方針に従わなければなりません。 店舗は加盟料やロイヤルティーを本部に支払わなければならなくなります。売上が少ないとロイヤルティーがかさんでしまい、 閉店に追い込まれてしまうこともあります。24時間営業にすることで人件費も酒店を経営するよりもかかってしまいます。 全ては売上次第ということになります。本部があることにより、自分たちの好きなようには商売できなくなるというデメリットも出てきます。